首イボの取り方は大別すると

 ・自宅でできる対策
 ・クリニックでの治療

のどちらかになりますよね。

自宅で出来る方法は、首イボに効果があるクリームなどの商品を使用します。
メリットは値段が安いこと。
病院に行くより手軽ですし値段も数千円程度の商品が多いので、経済的な負担も少なく助かります。

ただ改善するまでに時間がかかるので、根気が必要になってきます。
あまり焦らない方がストレスがたまりません。
根気よく保湿をすることで肌のターンオーバーを促してイボがなくなるようにしていきます。

ちなみになのですが、イボ対策のクリームに配合されている成分はハトムギが多いらしいです。
この成分は漢方などでも使用され昔からイボに効果があると言われています。
さらに杏などの成分が配合されている商品も多く、この2つの成分が定番と言えるでしょう。

一方、症状が芳しくなく(または目立つ)。できるだけ早く首イボを取りたいという人もいます。
そうなるとクリニックでの治療となります。

ただ、クリニックでの治療と一口にいっても様々な治療方法があります。

一般的な方法としては、液体窒素を使用した冷凍凝固術というのがあります。
他にもサリチル酸を含んだシートを張り付けるスピール膏といった方法。
レーザー治療もそうですね。

治療方法は多岐に渡っているので、医師と相談した上で決定することになります。
あと飲み薬としてはヨクイニンが処方される場合もあります。